楽しい日常

湯シャンってどうなの?湯シャンをはじめて1年になります。

   

Pocket

湯シャンをはじめて1年になります。

湯シャンというのを知ったのはちょうど1年前くらいでしょうか。

それから1年ほど続けてきているんですが、僕には湯シャンがあっているようですごく頭皮の状態がいいようです。

 

髪の毛も太くしっかりしてきています。

そもそも湯シャンって何なの?

湯シャンとは、お湯だけでシャンプーをするというものです。

お湯だけでシャンプーって表現がおかしいかもしれんせん。

お湯だけで頭皮と髪の毛を洗うというものです。

 

お湯だけだと汚れが取れるのか心配になるかもしれないんですが、汚れのほとんどはお湯で落ちてしまうんだそうです。

なのでお湯だけでも衛生面では問題ないようです。

お湯だけで洗ってくさくなったりしないの?

お湯だけで洗うのですが、頭がくさくなったりしないか心配になります。

しばらく湯シャンとしてみた経験ですが、頭はくさくなりません。

 

確かに、湯シャンをはじめた時には、頭皮から余計な油分が出るので、お湯だけでは汚れを落としきれなく少し匂いが出ることもありました。

今では、匂いは気になりません。

髪の毛が油ギッシュになることもありません。

サラサラの髪の毛です。

 

今まで頭皮の油分を余計に落としすぎていたので、しばらくは頭皮から余計に油分が分泌されるので湯シャンをはじめてすぐの時には、頭がかゆくなったりするかもしれません。

はじめてすぐのころにはかゆくなることもありました。

そんな時には無理をせずにシャンプーをしていました。

 

そのうちシャンプーの回数が減ってきます。

 

ふけとかについても湯シャンをはじめた時には少し出ました。

ですが、今では湯シャンをはじめる前よりもふけが出ない状態になっています。

シャンプーしている時よりも頭皮の状態がよくなったんでしょう。

湯シャンのやり方

湯シャンのやり方といっても方法はシンプルです。

頭をお湯で洗い流すだけです。

 

ブラシをつかったりとかいろいろな方法があるようなんですが、僕のように髪の毛の短い場合にはお湯だけで洗い流すだけで大丈夫です。

 

湯シャンをはじめてすぐのころには、かなり長い時間洗い流していました。

それでも髪の毛に油が残っていたようなんですが、少しの時間洗い流すだけでシャンプーを終えることが出来るようになりました。

湯シャンをするときのコツ

湯シャンをするときのコツなんですが、無理をしないことだと思います。

はじめのうちにはどうしても頭がかゆくなってしまったりすることがあるようなんですが、その時に無理をせずにシャンプーをすることです。

 

その日はシャンプーを使ってもまた次の日からシャンプーを使わなければいいんですから。

徐々にシャンプーを使う頻度が少なくなてくればいいです。

 

はじめる時期も考えておいた方がいいかもしれません。

1年もすると問題なくなりますが、汗を多くかく夏の時季からはじめるのは少し難しいかもしれません。

はじめる時期も考えてみたほうがいいと思います。

さいごに

湯シャンをしてみての感想です。

湯シャンだけでも気持ちよく汚れを洗い流すことができます。

 

湯シャンだけでよくなるには少し時間もかかるようです。

これに加えて僕は、ヘナで白髪染めをしています。

これがいいのかどうかはわからないのですが、ヘナを使っていると体臭が気にならなくなったという報告もあるようです。

ヘナを湯シャンを併用すると比較的成功しやすいのかもしれません。

 

ヘナをしたときには気持ちいいですからね。

気になる方はヘナも試してみたください。

 - 雑学 , , , ,