楽しい日常

やっぱりブラインドタッチは重要なことのようです。練習しています

      2018/02/24

Pocket

ブラインドタッチは重要なことです

今までブログを書くときに、ブラインドタッチを使っていませんでした。

なぜかというと、ただ単純に出来なかっただけなんですよね。

そこで、今更ながらブラインドタッチの練習をすることにしました。

 

今書いている文章もブラインドタッチで書いています。

時間がかかって仕方がありません。

ですが、これも練習しないと上達しないでしょうから練習することにしました。

文章のタイピングにはブラインドタッチが速い

僕はまだはじめたばかりなので、まだまだタイピングが遅いですが慣れてくれば速くなるでしょう。

まだまだ誤字や脱字も多いですが、画面を見ながら文章を打つことができるようになった方が今後ブログを書くときにも役に立つと考えたのでブラインドタッチを練習しています。

いろいろなひとのブログを拝見させてもらっていると、皆さんがブラインドタッチが必要だと書かれているので、必要だとかんがえました。

ブラインドタッチを練習するには

ブラインドタッチは練習してとにかく慣れるしかないようです。

慣れるまでの辛抱なんでしょうがまだまだ我流のタイピングの方が速いのでついつい我流の方をつかってしまいそうになりますがそこは我慢をしてブラインドタッチで書いています。

速い人では1週間もするとブラインドタッチは出来るようになるそうです。

 

まず、最初にした練習はあいうえおを書くことでした。

慣れていないとあいうえおもなかなか書けないんです。

 

いままでのやりかたでも、文章を打てていなかったわけではありませんので練習中はなかなかもどかしいものです。

二日間ほど練習しました。

まる二日間ほどブラインドタッチの練習をしています。

ゲームで練習しました。

 

そうすると少し打てるようになってきました。

打てるようになってくると画面を見ながら打てるので間違いが少なくなります。

間違いが少なくなるのではなく、誤字脱字に気が付くようになります。

まだまだうち間違いが多いので、時間はかかりますが1日前に比べると格段に速くなっています。

 

自分にもできるにかどうか不安でしたが、書けるようになるもにです。

毎日練習すれば一カ月くらいでブラインドタッチができるようになるでしょう。

そうするとブログの更新も速くなるかな。

 

しかし、ゲームはゲームなのかな。

ゲームでは高得点が出るようになってきたので、大分かけるようになっているかと思ったのですがそんなに甘くなかったです。

出来るようになったら一生ものですから、どうしてもできるようになっておきたいです。

 

せめて、今までの我流のスピードは超えたい。

そこまでは、やっとかないと何のためにしてるのかわからなくなりますね。

画面を見ながらタイピング出来る

画面を見ながらタイピング出来るので、誤字脱字をその場で発見することができます。

結構タイピングしていると誤字や脱字があるんですが、その場で発見できると後からの見直しが楽です。

 

画面を見ながら出来るということは、暗い場所や目をつむっていてもタイピング出来ることになります。

 

ゲームをするときには、目をつむってタイピングするように練習しています。

これでも結構正確に打てるようになるんです。

 

まだまだブラインドタッチは難しいので正確に打てるようになるまでには時間がかかりそうです。

出来るようになったら一生もの

ブラインドタッチは出来るようになるとこれから先の時間短縮になると考えています。

ブログを書いているんですからこれくらいは出来たほうがいいです。

 

まだ練習段階なので、いつも以上に時間がかかっていますが正確にタイピングができるようになります。

これからもブログを続けていこうと思っていますので、ブラインドタッチを習得します。

さいごに

動作がぎこちないので、文章までぎこちなくなってしまいました。

これから少しの間ぎこちない文章になってしまうかもしれないですが、暖かいまなざしでみていてくださいね。

 

練習しときますから。

追伸です

ゲームで練習していましたが、これでもタイピングのスピードはあがります。

しかし、ゲームでは間違えた時にそのまま次に進んでしまうんです。

 

これでは、実際の文章を書くときには使えません。

ですので、ゲームは少しブラインドタッチの練習をしてからの方がよいように感じました。

スピードアップの目的にはいいと思いますが、正確性というところでどうかと感じました。

 

スピードも速いにこしたことはありませんが、正確に打てないのでは現場でつかえませんから。

まずは正確に打てることからです。偉そうなことは言える立場ではありませんが。

 

少し感じたので参考までに。

追伸の追伸

ブラインドタッチを練習し始めてから1週間になりました。

まだまだ遅いですが、それでも大分早く打てるようになりました。

早く打つためにはできるだけミスをなくすことのようです。

 

練習するときに気を付けるのは、できるだけミスをしないようにすることだと感じています。

少しタイピングが遅くても正確にタイプすることが出来れば、早く打てるようになっています。

 

ブラインドタッチをはじめた時には出来るようになるにかと思っていましたが、少しづつ早く打てています。

 

ブラインドタッチができればタイプ間違いもすぐに発見できるので間違いも少なくなります。

 

無駄な動きがなくなりました。

 - パソコン・スマホ, ブログ , , ,