楽しい日常

おすすめ!鉄のフライパンでおいしく料理を作ろう!フライパン一つで料理の味が違うよ

   

Pocket

おすすめ!鉄のフライパンは料理がおいしくなる

毎日の料理に欠かせないフライパンですが、どんなものをお使いですか。

うちでは鉄のフライパンを使っています。

以前はテフロン加工のフライパンを使っていましたが、ある時期から鉄のフライパンを使うようになりました。

鉄のフライパンは扱いがめんどくさいと思っていませんか。

では鉄のフライパンのメリットとデメリットを見てみましょう。

鉄のフライパンのメリット

鉄のフライパンのいいところです。

料理がおいしくなる

家でなぜ鉄のフライパンを使っているかというと料理がおいしくできるからです。

これに気が付いたのは数年前、食事に招かれた家の料理がすごくおいしかったのです。

その家では鉄のフライパンを使われていました。

そこで試しに鉄のフライパンを100円ショップ(当時は100円ショップで売っていました)で購入してきて野菜炒めを作ってみたところすごくおいしくできたんです!

それから鉄のフライパンはおいしく料理が出来ることがわかりました。

長持ちする

鉄のフライパンは長持ちします。

テフロン加工がしてあるものだとどうしてもテフロンが剥がれてしまいます。

鉄のフライパンを使い始めて10年くらいになりますが、いまだに買い替えていません。

焦げ付かせたとしても焦げ付きさえ取ればまた使えます。

100円ショップのものもいまだに現役です。

ほぼ毎日使っていますが、まだまだ使えそうなので一生ものなのかもしれません。

 

鉄のフライパンもテフロン加工のフライパンも値段はあまりかわらないので鉄のフライパンの方が経済的です。

フライ返しなどもガンガン使える

鉄のフライパンは素材が鉄なのでフライ返しなどもガンガン使っても大丈夫です。

フライパンの上でフライ返しで素材を切ったりすることも出来ます。

遠慮しないで使えるところも鉄のフライパンのいいところです。

調理が早い

熱がよく伝わるので、調理する時間が短くてすみます。

早くおいしく出来る所がいいところです。

鉄のフライパンのデメリット

鉄のフライパンのデメリットです。

重たい

鉄のフライパンはそこそこ鉄の厚みがあるので重たいです。

小さめの物なら重さはそんなに感じませんが大きいものは重たいです。

手入れしていないと錆びる

使っていればいいのですが、何日も使わないと錆びてしまいます。

錆びるとさびを落としてからの調理になります。

鉄のフライパンは使用後にも洗った後、強火で水分を飛ばしておくことが必要です。

水分が残ったままにしておくと錆びてしまいます。

 

それでもおいしく料理ができるので鉄のフライパンを使っています。

鉄のフライパンを買ったら

鉄のフライパンを買ったらやっておくことです。

空焼きをする

表面に錆び防止の加工などしてありますので空焼きします。

フライパンの表面の色が変わるくらいまで焼きます。

油を慣らす

使い始める前にフライパンに油を入れて5分くらい熱して油をなじませます。

弱火で行います。

この時に使う油は使い終わったもので大丈夫です。

油を慣らすことで錆びにくいフライパンになります。

 

出来れば使う前にはいつも油慣らしをするといいようです。

うちのフライパンは使用前の油慣らしはしていません。

使用後のお手入れのやり方

鉄のフライパン使用後はお手入れをしておきましょう。

洗う

洗う時には洗剤を付けて洗っています。

洗剤を使わないで水洗いだけをする方法もあるようなのですが、うちでは洗剤を付けてしっかりと洗っています。

フライパンを火にかけて水分を飛ばしておく

フライパンを火にかけて水分を飛ばしておきましょう。

しっかりと熱して水分をしっかり飛ばしておくと錆びにくいです。

 

お手入れはこれくらいです。

これだけしておくと鉄のフライパンは快適に使うことができます。

まとめ

鉄のフライパンについてでした。

鉄のフライパンは長く使うことができます。

しかも強火で調理できるので素材のおいしさを食材に閉じ込めることができるので短時間でおいしく調理することができます。

 

一度、鉄のフライパンの料理を食べると手放せなくなりました。

パール金属 燕三条製 鉄 フライパン 26cm IH対応 The鉄

 - 良かったもの , , , , , , ,