楽しい日常

レザークラフトに使う手縫い糸

   

Pocket

レザークラフトに使う手縫い糸

レザークラフトで手縫いをするときに使う糸ですが手縫い糸も種類がたくさんあります。

ナイロン製の物や麻糸もあります。

個人的に好きでよく使っている糸は麻糸ですがこの麻糸はろうをひいて使う必要がありますが、個人的にはこの糸がしっくりきます。

ナイロン製の糸にはろうを引いてあるものもあるため使い勝手がいいです。

太さや色もたくさんあります。

中には一本の糸で色が変わっていくものもあります。

これも使ってみましたが、手縫いしていくと色が変わるので面白いです。

色んなものを試していくと自分の好きなものがわかってきます。

手縫い糸の選び方

レザークラフトに使う手縫い糸を選ぶときには太さと材質を選ばなければなりません。

ナイロン製の糸は強度はありますが、素材がナイロンですのでナチュラルではないように感じます。

僕は、使い勝手のいい麻糸を使用しています。

基本的には白い糸を選ぶことが多いですが、要望によって糸は変えています。

作るものにもよりますが、3~4mmの菱目打ちであけた穴には中細の糸を使うようにしています。

色がついたものも面白い作品が出来るのですが、ナチュラルな革には白いナチュラルなものが飽きもこないし、おすすめではあります。

糸の色は好みによりますから、ご自分の好きな物や使って下さる方が気に入ったものを使います。

中には、面白いいともありますよ!

何種類かの色がだんだん変化してきます。

レザークラフトで手縫いをするときには、交互に縫うので、交互に色が違う面白い作品が出来上がります!

このような糸をつかうと面白い作品ができますよ!

レザークラフトの糸の準備

糸を準備するときにろうを引く必要があります。

糸の種類によってはろうが塗ってあるものもありますが、僕は糸にろうが塗っていないものをつかっているのでロウを引いて使っています。

手縫い糸の長さは、革の厚みにもよりますが、だいたい縫う長さの3~4倍くらい用意します。

長いところを縫う時には一度に用意する糸の長さは1.5mくらいまでにして継ぎ足しながら縫い進めていきます。

後はひたすらチクチクと縫うだけです!

手縫い糸の通し方はこちら!

レザークラフト手縫い針の糸の通し方

まとめ

レザークラフトに使う手縫い糸でした。

手縫をするときには力加減を同じでしめると綺麗な縫い目になります。

これは練習あるのみでしょう!

縫い方も人それぞれやり方があります。

自分のやりやすく、かっこいいと思う方法を見つけてください!

はじめてのレザークラフト

この本は入門に最適です!

 - レザークラフト , ,