楽しい日常

石鹸洗濯がうまくいかないと思ったら。石鹸洗濯のコツ!

      2017/07/16

Pocket

石鹸洗濯がうまくできないときには

石鹸洗濯はやり方を間違えると上手にできないこともあります。

上手にできると柔軟剤も使わずに洗濯ものをフワフワに仕上げることもできます。

石鹸洗濯には少しのコツが必要です。

石鹸洗濯のコツ

石鹸洗濯は難しいと感じている人も多いかと思います。

ちょっとしたコツで石鹸洗濯は上手く出来るようになります。

石鹸は泡立てる

まずは石鹸を泡立たせます。

泡立たせるときにはお湯を使います。

冷たい水ではなかなか石鹸が泡立ちません。

 

泡立たせるときにはバケツ1杯くらいのお湯を使って石鹸を溶かします。

次に一番少ない水の量を選択し、洗濯機で洗いをかけます。

僕は5分ほど洗いをかけます。

そうすると洗濯層が泡だらけになります。

洗濯をはじめる

石鹸がしっかり泡立ったら洗濯を始めます。

洗濯するときに選ぶ水位ですが、洗い始めてから洗濯ものが十分に浸かる水位を選びます。

洗いは長くなくていいです。5分くらいです。

 

石鹸洗濯をするとき気を付けることはもう1つあります。

それはすすぎです。

どのように気を付ければいいのかですが、すすぐときためすすぎではなく注水すすぎをします。

できれば3回すすぎます。

しっかりとすすぐと石鹸が白く残ることも少ないです。

石鹸洗濯で白く石鹸が残ってしまっては面白くないですもんね。

白く残ってしまうのは石鹸が溶けていないときもあるので、お湯を使ってしっかり石鹸を泡立ててから洗濯を始めることも重要です。

石鹸の量は

石鹸の量ですが、この量でいいとはなかなかお伝え出来にくいです。

石鹸の量は使いながら決めていくといいです。使っていくうちに徐々にわかるようになってきます。

はじめは、洗濯石鹸に書かれている分量を使うといいです。

それから石鹸の量を増やしたり減らしたりするといいと思います。

 

あまり洗濯石鹸の量が多すぎても衣類に白く残ってしまいますから。

さいごに

石鹸洗濯をするには少しコツが必要です。

石鹸を泡立ててから使用すること。

洗濯機に水位は洗濯ものが十分に浸かる水位にする。

すすぎはためすすぎではなく、注水すすぎでできれば3回すすぐこと。

 

石鹸洗濯をすると洗濯ものがフワフワに仕上がります。

部屋干しをしてもあまりににおわないように感じます。

梅雨の時期でなかなか外に洗濯ものを干せないときでも洗濯ものの生乾きのにおいは気になりませんでした。

 

洗濯用の粉石鹸は量も多く入っていて経済的です。

ミヨシのそよ風を使っています。

1回に使う粉せっけんの量は多いですが、たくさん入っているので長持ちしています。

 

使い慣れるまでは洗濯ものに白い粉が残ったりすることがありましたが、使い方さえ慣れてしまえば洗濯石鹸はとてもいいです。

石鹸なら安心して使えますしね。

そよ風 2.16kg

 - 思ったこと, 良かったもの , , , , , ,