楽しい日常

レザークラフトで使う道具 ラウンドモール・木槌・プラスティックハンマー

      2018/07/05

Pocket

ラウンドモール・木槌・プラスティックハンマー レザークラフトで使うにはどれがいい

レザークラフトをするときになくてはならない道具の一つが、叩く道具です。

レザークラフトに使うのは、一般的にラウンドモールのようです。

ラウンドモールは重さがいろいろとあるようですが、重たいものの方が叩く力が強いです。

レザークラフトで打撃を与えるときには、ラウンドモールや木槌を使うのは道具を痛めないためなんでしょう。刻印や菱目打ちを使うときに金属のハンマーを使ったのでは、道具がいたみます。また、金属のハンマーを使ったのでは打撃力が強すぎて革をいためてしまうのかもしれません。

使いやすい道具がいい

レザークラフトではラウンドモールを使っていることが多いように思います。

レザークラフトでは使い勝手のいい道具なんでしょうが、ラウンドモールはどうしても使いにくかったので、もっと使いやすい道具はないかと思い、木槌も使ってみました。

多分、ラウンドモールよりも木槌のほうが使いやすいのは使い慣れていることもあるのではないかと思います。ハンマーの形をしているほうが使いやすいと感じました。

木槌を使っていたのですが、ある時プラスティックハンマーを使ってみると使いやすかったのでそれ以来、レザークラフトをするときにはプラスティックハンマーを使っています。

なんでプラスティックハンマーを使っているのかというと

プラスティックハンマーをなんで使っているのかというと、叩いたときの感触がよかったからです。

重さも1ポンドがちょうどいいくらいでした。多分この重さを使い慣れているからだと思いますが。

なんとなく刻印を打った時に跳ね返ってくる感覚が分かるように感じたからです。

あまり大きな打撃が必要ない時には、軽いものも使っています。

なかなか100円ショップで買ったプラスティックハンマーも使えるんです。

菱目打ちで穴を明けるときにもあまり力は要りませんので、軽いハンマーのほうが使いやすいです。

あまり力を入れすぎて穴を明けるとビニール板に菱目打ちが食い込んで抜くのが大変ですからね。

革ポンチを使って小さい穴を明けるときにも、軽いハンマーのほうが使いやすいです。

使いやすい道具を見つける

ただ叩くだけの道具に思いますが、レザークラフトでカービングをするときにはほとんど叩く作業です。

よく使う道具だから使いやすいものが一番です。

使っているとプラスティックハンマーが使いやすかったので、プラスティックハンマーを使うようになりました。

ラウンドモールでも木槌でもプラスティックハンマーでも使ってみて使いやすいものがいいです。

道具探しもレザークラフトの楽しみの一つ

使いやすい道具を探すこともレザークラフトの魅力の一つではないでしょうか。

いい道具を見つけた時には嬉しいものですよね!僕だけでしょうか。

いい道具を見つけた時には、早く使いたくて仕方ないですもんね。

その道具を使っているだけでも楽しいです。

音対策にもなります

レザークラフトをするときには、どうしてもハンマーで叩く音が気になります。

周りに気を使う環境でなければいいのですが。

音も気になるようなら、音対策のために音の出ないような打撃道具を見つけなくてはなりませんね。

ラウンドモールとプラスティックハンマーが比較的に音が小さいように感じました。

 

こちらに詳しく書いています。

レザークラフトをやってみよう!

さいごに

レザークラフトで使う叩く道具についてでした。

ラウンドモールにしても木槌にしてもプラスティックハンマーにしても叩くだけの道具と思いがちなんですが、長い時間使うものですし、使い勝手のいい手になじむものがいいです。

職人は手になじむようにハンマーの柄を削って自分の使いやすいように工夫していることもあります。

職人になるほど道具を手入れするんでしょう。

使いやすい道具を使うと疲れにくいのですから自分に使いやすいものを探してみるのも楽しいですよ。

ベッセル(VESSEL) プラスチックハンマー

 - レザークラフト , , , , , , ,