楽しい日常

奥出雲だんだん市場で包丁を買いました。雲州幸光作

      2017/09/18

Pocket

奥出雲で包丁を買いました!

いつものように奥出雲に延命水を汲みに行きました。

ゴールデンウィークという事でたくさんの奥出雲もたくさんの人でにぎわっていました。

延命水と蕎麦をもとめて奥出雲へ

いつもは舞茸センターで水を汲ませてもらうのですが、水を汲む人が多いそうだったのでJR出雲坂根駅の向かいにある水汲み場で水を汲みました。

 

1組の方が水を汲んでいました。

延命水で淹れたコーヒーっておいしいですよね!という話で盛り上がり水汲みは終了。

時間も早いし、ドライブすることに。

横田だんだん市場

延命水を汲む場所から少し離れたところ、日本海側に向かった場所に横田だんだん市場があります。

野菜など売られており道の駅のような所かな。

ちなみにだんだんとはこの地方の方言でありがとうの意味なんだそうですよ!

 

ありがとう市場っていい名前ですね!

包丁を見つける

包丁が欲しかったんです。

どうせ買うんならいいものが欲しいですからね。

 

安来鋼白紙1号使用って文字が目に飛び込んできました。

しかも値段は7000円~

メッチャ安いやん!

 

白紙1号の包丁って使ってみたかったんですよ!

即買う事にしました!

 

しかも手打ちで作られているようです。

職人さんの手作り感があっていいです!

 

どの形に使用かは少し悩みました。

 

この包丁を作られている雲州幸光刃物さんのオリジナルの形の包丁を買ってみることにしました。

値段は7000円でした。

だんだん市場のお姉さんが同じ形の包丁の中から好きなものを選ばせてくれました。

雲州幸光刃物

雲州幸光刃物の包丁の切れ味

早く使ってみたいので、とりあえずにんじんを切ってみました。

 

にんじんにスッと刃が入り力を軽くおさえるだけで切れます。

気持ちのいい切れ味です!

でも切れ味が良すぎて少し怖いかも!

 

お手入れについてはどの程度必要なのかは使い始めてみてからです。

 

だんだん市場のお姉さんの話では、だんだん市場でも修理等受け付けてくれるそうです。

白紙1号の切れ味を試すなら

雲州幸光刃物さんの白紙1号の刃物ですが、値段がリーズナブルです!

箱には白紙1号なんてどこにも書いていないんです。

売り場に貼ってあっただけです。

 

もっと前面に押し出してもいいような気もしますが、控えめなところが職人さんらしいです。

さいごに

いい買い物ができました!

 

僕は料理人ではないので毎日研いだりはしませんので一生使えるのでしょう!

道具がいいと料理をするのも楽しくなります!

 

使ってみて良いようなら革包丁もオーダーするかもしれません。

切れ味がいいと革を漉く作業が楽に行えますから。

 

これは試してみる価値ありです!

 

補足

奥出雲で包丁を買ってから4か月が経過しました。

購入してから一度も研いでいないのですが、まだまだ切れています。

さすがに買ったときの切れ味はありませんが、普通に家庭で使うには十分な切れ味です。

そろそろ研いだほうがいいのですが、自分で研ぐべきなのかそれとも研いでもらうべきなのか、どうしようかと考えています。

もっていくか送ると、600円で研いでくれるそうです。

白紙1号の包丁は研いだことがないので自分できれいに研げるかどうかが分かりませんからね。

一度自分で研いでみてダメなようならお願いしようかと考えています。

 

まだ切れるので研ぐのはもう少し先のことになりそうです。

よく切れる包丁を使うと料理をするのも楽しくなります!

まな板もちょっとこだわってみてはどうですか(笑)

桐のまな板を使ってみた感想 桐のまな板は切った感覚が良い

 - 思ったこと, 良かったもの , , , ,