楽しい日常

結構人気のあるカードも入るコインケースを作りました!手縫いです

   

Pocket

カードも入るコインケースの製作です

製作を頼まれていたコインケースの製作をしました。

以前に注文を受けていたのですが、時間がないことを理由についつい先延ばしにしていましたが今回製作しました。

製作過程を順を追って説明していきますので、これからレザークラフトをしてみようと考えている人には参考になるのではないでしょうか。

写真も撮ったつもりだったのですが一部取り忘れもありました。

革を裁断する

まず最初にすることは、革を裁断することです。

革の裁断ですが、型紙を作らなくてはなりませんが僕は型紙は以前に作っているのでそれを使っています。

革を裁断するときには革包丁を使いますが、できるだけ製作に裁断します。

正確に裁断するには型紙もきちんとしたものを使わないといけません。

同じものを改良を加えながら何個か作ると納得に行く作品ができるようになります。

革を裁断するときの注意

革を裁断するときには、正確に型紙から革にケガキを入れることです。

ここで型紙通りに写せていないと長さが合わなかったりします。

裁断するときにはミリ単位もずれないように正確に裁断します。

包丁の角度にも気を付けて裁断します。

 

綺麗に裁断できていると出来上がった作品がきれいです。

それだけに裁断は重要な作業になります。

落ち着いて正確に裁断します。

コバを磨く

ここで磨くコバは、最後に磨くことができないところを磨いておきます。

これは作品によって磨けない場所が変わりますので、どこが磨けなくなるか考えながら磨きます。

縫ってと磨けない場所を磨きます。

磨く場所は考えておく

最後に磨けるところをこの時点で磨く必要はありません。

ここでは磨けないところを磨いていくのですが、後の作業で磨くことができないところを磨いておきます。

作品を作るところをイメージして磨けるところと磨けないところがわかるようになるようにします。

レザークラフト コバの仕上げ方 磨き方

裏面(床面)にトコノールを塗る

トコノールを塗ることで床面の革の毛羽立ちを抑えることができます。

トコノールは塗らない人もいますが、塗っておいたほうが毛羽立ちが少ないので使いやすいと思います。

ですので僕の作品には床面にはトコノールを塗って仕上げています。

 

トコノールは銀面につかないように注意して塗ります。

菱目打で縫い穴を明ける

菱目打ちを使って縫い穴を明けます。

今回は3ミリの菱目打ちで穴を明けました。

両面テープで張り付けておいて穴を明けることもできますが、今回は一枚ずつ穴を明けました。

穴を明けるときに気を付けることは銀面から明けるか床面から明けるかも考えながら穴を明けます。

菱目なので表と裏を間違えると斜めの部分が反対になってしまいます。

菱目の数にも注意

一枚ずつ明けるときには、穴の数にも注意しないとなりません。

穴の数を数えながら菱目を明けていくことをおすすめします。

手縫いします

穴を明け終わったら、手縫いしていきます。

手縫いは一針一針丁寧に縫います。

時間はかかりますが、手縫いしている時間は楽しいです。

手縫いが終わるとコバを磨いて完成になります。

さいごに

コインケースの作り方を簡単に説明しましたがいかがだったでしょうか。

レザークラフトには工程がたくさんあります。

ひとつひとつの工程を丁寧に作業することでいい作品ができます。

 

自分でも納得の作品ができた時には嬉しいものです!

レザークラフトの魅力の一つは考えながら作品をつくることです。

後の工程も考えながら作らないと後からではできない作業もできてしまいます。

このようなことを考えながら作品ができた時には、なんとも言えない達成感があります。

ひとつひとつの工程を丁寧に行うことでいい作品ができます。

細かい作業も多いかと思いますのでできるだけ丁寧に作りましょう!

はじめてのレザークラフト

 - レザークラフト , , , , , ,