楽しい日常

革に塗るオイルはどれがいいか。レザークラフト用オイル

      2018/07/05

Pocket

oil

革に塗るオイルは何がいいのか

革の手入れやレザークラフトをするときにオイルは欠かせないものです。

大事な革製品を守ってくれるオイルですが、たくさんの種類が販売されています。

 

この中で、どれがいいのって思いませんか。

 

レザークラフトをするときにはもって置いたほうがいいオイルです。

 

もともとあった脂分が抜けてしまったものを足してやるオイルです。

財布などはいつも手で持つものなので手の油がつくのでお手入れはそんなに必要ありませんが、半年に一度くらいオイルを入れてあげると革が長持ちするようになります。

 

僕がお手入れに使うのはニートフットオイルです。

ニートフットオイルとは

これは、その名の通り脚油で牛の物になります。

ミンクオイルなども比較的簡単に手に入りますが、ニートフットオイルがいいと思う理由です。

 

レザークラフトで使うヌメ革は牛の革です。

 

牛の革なので当然牛からできたものが合うのではないかと思うからです。

 

使いやすいし、値段も手ごろなのでニートフットオイルを使っています。

ニートフットオイルのいいところ

塗りやすい

ニートフットオイルはサラサラでサラダ油のようです。

なので、塗りやすいです。

 

塗るときにはウールピースという羊の毛で塗るといいそうなのですが、僕はコットンを使って塗っています。

コットンは安価でどこでも手に入るので、使い勝手がいいです。

 

革の風合いがよくなる

ニートフットオイルを塗って革を使っていると、焼けてあめ色になりやすくなります。

風合いは個人の好みなのですが、僕は赤茶色にやけた具合が好きなので、作った作品はニートフットオイルで仕上げています。

 

僕はレザークラフトをするときにハーマンオークツーリングレザーを使うことが多いのですが、ハーマンオークツーリングレザーをエージングするときにもニートフットオイルを使っています。

ニートフットオイルを塗って日焼けさせます。

エージングをさせるときには革製品を使う前がいいです。

使う前がなんでいいのかというとまだ汚れがついていないからです。

少しエージングをしてやけた革だと汚れが付きにくいんです。

なので使う前にオイルを塗って少し日焼けをさせた状態から使い始めれるとベストです!

 

タンニンなめしの革でないものは、オイルを塗ってもそんなに革の風合いがかわるという事はないようです。

 

ヌメ革、オイルレザー向けのお手入れ用オイルです。

 

ニートフットオイルのデメリット

使っている分にはいいところばかりなのですが、ニートフットオイルはあまり店頭に置いてありません。

ミンクオイルであれば、靴屋さんに行くとおいてあるのですが、ニートフットオイルはありません。

 

革工房などへ行かないと購入できません。たまに手芸屋さんにも置いてはありますが溶剤の混ざったものもあります。

コンパウンド入りなのでは汚れを落とす効果もあるそうなのですが、革を傷める可能性もあるのであまりおすすめできません。

ニートフットオイル100パーセントの物がおすすめです。

 

僕は東急ハンズで購入しました。

東急ハンズには何種類かのニートフットオイルがありますが、いろいろ使ってみるといいです。

東急ハンズが近くにない方は通販で購入することもできます。

塗りすぎには注意

ニートフットオイルはよく染み込みます。

ですが塗りすぎは禁物です。

革を長持ちさせるために塗りますが、塗りすぎると逆に革が弱くなってしまいます。

 

塗りすぎるとべたべたにもなってしまうので塗りすぎないようにします。

 

蒸発はしますので塗りすぎたら蒸発するのを待つしかないかもしれません。

こちらもどうぞ!

レザークラフトをやってみよう!

まとめ

気に入った財布やカバンのお手入れは、こだわってやりたいですよね。

革にあったものを使う事で財布やカバンが長持ちしますもんね。

 

財布だと手入れがよければ10年くらいは余裕で使えますから。

ヌメ革の手入れに使うならニートフットオイルがいいです。

オイルタイプ仕上げ剤 ニートフットオイル 中 473ml 1182020 82020

 

追記

革の手入れをするときにもニートフットオイルを使っています。

ヌメ革にはニートフットオイルがよくあいます。

先ほども書いていますが塗りすぎには注意です。

僕は財布には半年に一度くらいニートフットオイルでお手入れしています。

特にコバの部分にはオイルをよく塗り込んでいます。

coin

ハーマンオークツーリングレザーで作ったコインケースにニートフットオイルを半年に1回くらい塗って毎日使っているコインケースです。なかなかいい色に焼けてきているでしょう。

使い始めて1年でやっと革がやわらかくなってきたかなという印象です。

ツヤもかなりでてきていい感じです!

これからまだ変化があるでしょう。

染色をしていない革なので色の変化が楽しめます。

使い込んでいくうちに味が出てくるところがヌメ革製品のいいところであり楽しいところです!

使っていないといい味はでてこないんですよね。

財布を何個も作っていると使わないでしまってある物もあります。

使っていないものは変化がほとんどありません。

同じ時期に作ったものでも使っているものと使っていないものでは焼けていくスピードも全然違います。

日光のあたる場所に置いておいても使わないものはあまり変化が見られません。

ヌメ革の気に入ったものを見つけて使い込んで自分なりの味を出していくことがヌメ革製品の魅力です!

 

1年毎日ポケットに入れてハードに持ち歩いていますが、まだまだ壊れそうなところはありません。

ニートフットオイルはヌメ革製品のお手入れには欠かせないものです!

 - レザークラフト , , , , , ,