楽しい日常

レザークラフト コバの仕上げ方 磨き方

   

Pocket

レザークラフト コバの仕上げ方

レザークラフトをするときにコバを磨くのは大事なことになります。

コバの仕上げをどうするかで作品の仕上がりが変わってきます。

 

コバを磨かないで仕上げる方法もありますが、僕はコバは磨いて仕上げたほうがいいと思います。

コバを磨くには時間がかかる作業ですが、コバが磨かれている作品は綺麗に見えます。

コバの磨き方もそれぞれあると思うのですが、僕がやっている方法を紹介したいと思います。

レザークラフトでのコバとは

コバとは革の端っこの事です。諸説ありますが木の端っこに似ていることから木場(コバ)と呼ばれるようになったとか。

コバの処理の仕方にはいろいろな方法があります。

ヌメ革のコバを磨いて処理する方法

僕がレザークラフトに使っている革はヌメ革です。

ヌメ側はコバをもがいて仕上げることができます。

ヌメ革でないクロームなめしの革は磨いてもあまり綺麗になりません。

コバを磨いて綺麗になるのはヌメ革ならではです。

 

では、コバを磨いて処理する方法を説明します。

コバ磨きに使う道具

・へちま

・トコノール

・筆

・水入れ

・大理石

コバに水を塗る

コバに刷毛を使って水を塗ります。

この時にあまり水をつけすぎないように注意しながら作業します。

コバを磨く(1回目)

コバを磨きます。

磨くときに使うのは乾燥したへちまです。

体を洗う時に使うように販売されています。

100円ショップなどでも販売されています。

このへちまを切ってコバを磨きます。

ペーパーや布キレなどを使ってみましたが、へちまが一番使いやすかったです。

 

コバを磨くときには大理石の上で作業をするとやりやすいです。

大理石の角の部分などをうまい事使って磨きましょう。

 

コバを磨くときには、コバが熱くなるくらいまでしっかり磨きます。

そうすると色が変化してつやが出てきます。

トコノールを塗る

磨いたコバのトコノールを塗ります。

塗るときには薄くしっかり擦り込むように塗ります。

 

トコノールを塗るときには革のコバ以外の部分にトコノールがつかない様に気を付けましょう。

僕はトコノールを指で塗ります。

指が塗りやすかったからです。

コバを磨く(2回目)

トコノールを塗り終わったら乾かないうちにもう一度へちまを使ってコバを磨きます。

この時にもコバが熱くなるくらいまでしっかり磨きます。

しっかり磨くとコバにつやがでてきます。

これでコバ磨きは終わりです。

 

1辺ずつ丁寧に磨くとすごく時間のかかる作業です。

出来上がった時にいい作品に仕上げるためにも手を抜かずに仕上げたいものです。

まとめ

レザークラフトでのコバの磨き方でしたがいかがだったでしょうか。

コバの処理の仕方は人によって様々です。

こだわればきりがないのかもしれません。

 

せっかく作品を作るのですからいい作品を作りたいですよね。

コバを丁寧に仕上げることで見た目の綺麗な作品になります。

 

コバ処理剤などを使うと簡単にコバを仕上げることはできますが、磨いて仕上げると作品がすっきり綺麗に見えると思います。

コバ処理には色んな方法がありますので、自分にあった方法を見つけるのも楽しみの一つです。

レザークラフト用 床面仕上剤 トコノール 120g 無色

天然へちま

 - レザークラフト , , , , , ,