楽しい日常

出雲湯村温泉 公衆浴場 漆仁の湯 リーズナブルでいい立ち寄り湯でした

   

Pocket

出雲湯村温泉 立ち寄り湯

出雲湯村温泉 漆仁の湯に無性に入りたくなり行ってきました。

出雲湯村温泉 漆仁の湯には前に行った事があります。

その時にすごく気持ちがよく、癒されました。

そんな思い出もあり、無性に行きたくなったのかもしれません。

島根県は神話の舞台になる場所でもあります。

出雲湯村温泉の近くはヤマタノオロチ伝説があります。

神話の場所を巡る旅も面白いかもしれませんね。

出雲湯村温泉 漆仁の湯の場所

住所 島根県雲南市木次町湯村1336

近くに目印になるような物はありませんでした。

湯村温泉の看板が目印です。314号線沿いに湯村温泉の看板があります。

出雲湯村温泉の特徴

斐伊川横にある温泉です。

43℃の源泉が掛け流し注がれる温泉です。

源泉かけ流しの贅沢なお湯です。

 

浴槽が二つあり、少し熱めのお湯の浴槽とぬるめの浴槽があります。

ゆっくり浸かるにはぬるめの浴槽がおすすめです。

ぬるいので、ずっとお湯につかっていられます。

 

家族風呂、足湯もあります。

漆仁の湯 公衆浴場の料金は大人350円です。

貴重品用の有料のロッカーはあります。

 

シャンプー、リンスはおいてありませんが、石鹸はおいてあります。

川を汚さない配慮でしょうか。

湯村温泉の泉質

アルカリ性単純温泉

神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康増進の効能があるそうです。

お湯に入った感想

やわらかいお湯だなという感想です。

肌にまとわりつくようなやわらかいお湯です。

それでもしつこくはありません。

お湯から上がるとサッパリしていますが、肌はツルツルです。

 

ぬるめのお湯につかっていても汗が出ます。

体が心から温まるようです。

 

川を流れる水の音を聞きながらゆっくり湯村温泉に浸かっていると心も体もリフレッシュされます。

今回湯村温泉を訪れたのはあたりが暗くなってからでした。

明るいうちなら浴場から川の景色も楽しむことができます。

 

以前は夏に行きました。

青空を眺めながら入る温泉は最高でした!

セミの鳴き声も聞こえてきます。

最高に贅沢な時間でした。

 

湯村温泉にいつでも入りに来ることができる地元の方々が羨ましい!

一時間くらい湯村温泉を堪能しました。

 

時間がたつのも忘れてボーっとしていました。

ふと我に返って時計を見ると1時間くらい時間が過ぎていました。

まとめ

出雲湯村温泉で心も体も癒されました。

温泉に浸かってボーっとする時間もたまには必要です。

 

源泉掛け流しなのも凄く気に入りました。

すごく温まる温泉で行った日は寒い日だったのですが、帰りの車では暖房が必要ありませんでした。

また行きたくなる温泉です。

 

奥出雲に延命水を汲みに行くときに少し足を延ばして湯村温泉に行くことがあります。

雲南市にはほかにも気持ちいい温泉がたくさんあります。

立ち寄り湯を巡るのも雲南の楽しみの一つです。

しかも立ち寄り湯の料金がリーズナブルです。

延命水とそばをもとめて奥出雲へ

じゃらんnet

 - 良かったところ , , , , ,