楽しい日常

ほんとうの心の力 中村天風 を読んでの感想

   

Pocket

中村天風のほんとうの心の力を読んでの感想です

中村天風先生の本やCDは好きで読んだり、車の中で移動中に聞いているんですが、ほんとうの心の力は朝に読むようにしています。

 

朝に読むのは1日を気持ちよく始めるためです。

 

このほんとうの心の力は、読みやすいので朝のモチベーションを上げるのに最適だと考えています。

時間のない時にでもパラパラとページをめくればその日の自分いあった言葉が出てきます。

 

めくったページだけで中村天風先生の一言をもらえます。

 

めくったページだけを読むのでしたら、1分もあれば読むことができます。

朝の忙しい時間でも1分くらいの時間はとることができます。

 

電車通勤ならば電車に乗っている間に読むこともできます。

文庫本サイズなので持ち運びが便利

中村天風 ほんとうの心の力は文庫本サイズなので持ち運びやすいです。

カバンの中に入れてもそんなにかさ張ることはありません。

 

スーツなどのポケットに入れて持ち運ぶこともできます。

通勤のちょっとした空き時間にさっと出して読むことが出来るのもいいです。

ひとこと一言が短い

大事なことを伝えるにもあまり多くの言葉というのは必要がないのかもしれません。

中村天風 ほんとうの心の力には大事なことを短く的確に伝わるような書きかたがしてあります。

 

短い文章でも心のを強く持つための言葉が力強く入っています。

 

どのページから読んでもいいので、開いたページを読むような使い方もできます。

 

今の自分に最適な言葉を見つけることが出来るので、開いたページを読む読み方もほんとうの心の力を読むときにはいい読み方だと考えています。

積極的な言葉に触れる時間を多く持つ

読んだその時には積極的な気持ちになるんですが、少し時間が経過するとせっかくさっき思っていた積極的な気持ちというのが薄れてしまうこともあります。

 

積極的な気持ちを保つためには、何度も繰り返し読み返す必要があります。

本を1冊読むのには時間がないという方でも1ページだけなら読めるのではないでしょうか。

たったの1分ほどの時間で心が積極的になるんですから、朝の時間に最適な本です。

 

ちょっとした空き時間に積極的な心になる方法としてはいい方法です。

積極的な心はどんなに大事なんだろう

積極的な心というのはすごく大事なことです。

心というのは放っておいたら消極的なほうについついむいてしまっていることがあります。

 

消極的になっているときには、新しいことにチャレンジしてみようとはなかなか思えないものです。

新しいことにチャレンジしていると新しい仲間ができたり、新しい知識ができたりと人生が開けてくると思います。

消極的だと新しいことにチャレンジすることもないので新しい知識なども入ってこないと思います。

そう考えると積極的な方がいいかなと思えました。

ほんとうの心の力

さいごに

中村天風 ほんとうの心の力を読んでの感想です。

この本は一度読んで終わりでなく、いつも持ち歩きたいくらいの本です。

毎日少しでも読むと積極的な言葉に触れることが出来るので心を積極的に保つことができます。

 

積極的な態度で物事に当たるとすがすがしい気持ちになることもあります。

気持ちの上で負けないようにすることも大事なことなんです。

病は気からという言葉もあるように気の持ちようから病になることもあるんでしょう。

 

心を積極的に持つために簡単な方法は積極的な人や言葉に触れることです。

少しの時間で積極的な心になるにはほんとうの心の力を開いて読むことです。

そのページだけなら1分もかかりません。

 - 中村天風 , , , , ,