楽しい日常

本を読んで学ぶことは多いです。読書のすすめ

   

Pocket

本を読むことによって学べることは多い

本を読みだしたのは20歳を超えてからです。

活字の嫌いな学生生活を送っていましたので、本などほとんど読んだことはありませんでした。

夏休みの宿題の読書感想文は、後書きだけを読んで書いていました。

今になって思うと、後書きだけで感想文が書けたなと我ながら感心します。

 

それが突然本を読むようになりました。

本屋さんにふらっと立ち寄ったことがきっかけでした。

ある本が目にとまり、面白そうで、なんだか買わずにはいられず思わず購入しました。

読みやすく面白いので一気に読んだ

その本は面白く読みやすかったので一気に読みました。

こんな考え方もあったんだと感心させられて、納得させられるものでした。

 

それからというもの本が好きになりました。

考えてみると人って一瞬で変われるものなんですね。

自分でも本なんて読むとは思ってもみませんでしたから、本人が一番びっくりしているかもしれません。

本の内容は

人生を歩んでいくときに、いろいろなことが起きると思うのですが、その出来事をどうとらえるかというものでした。

口癖にするといい言葉も書かれていました。

同じような内容の本はほかにも販売されていいますが、面白く書かれていたので本の嫌いだった僕にもすんなり入ってきたのでしょう。

本を読むのが楽しくなった

それからというもの本を読むことが楽しくなりました!

本屋さんがよいの日々です。

その時にはまだ知りませんでしたが、このような本のジャンルは自己啓発というんですね。

今ではわかります。

 

自己啓発の類の本を読むことが楽しくかったです。

気が付くとたくさんの本を読んでいました。

 

たまたま手に取った本が楽しい本で良かったです!

もし、たまたま手に取った本が面白い内容の物でなかったら、今でも本を読むことがなかったかもしれません。

ありがたいことに運がよかったんです!

ではその本とは

最初に読んでハマった本は、「斉藤一人さんの変な人が書いた驚くほどツイテル話」です。

この本は面白かった!

自己啓発で楽しくなるような本ですから!

 

しかもわかりやすく書かれているので、本の慣れていなくても読みやすいです。

本を読むだけで運がよくなるんじゃないかなと思うくらい楽しい内容でした!

最後に

一冊の本を読むことで、人って変われるものなんだなと身をもって体験しました。

何事も楽しめるようにすることが大事ですね!

 

この本の中に書いていたことで、迷ったら楽しい方を選ぶという言葉が印象に残っています。

道に迷った時には、楽しい方を選ぶようにするといい方向に向かうようです。

 

人生を歩んでいるといくつも選択しなくてはならない場面ってあります。

その時にはどちらが正しいではなく、どちらが楽しいかで判断するというこれまた面白く楽しい話しがたくさん詰まった本です。

楽しい事が少ないなと思ったら読んでみてもいいかもしれません。

斉藤一人さんはこの考え方で億万長者になれたのでしょうか。

斎藤一人 変な人が書いた驚くほどツイてる話 (知的生きかた文庫)

 - 思ったこと, 良かった本 , , , , ,