楽しい日常

えみなプレミアムはよく落ちるけど溶かすのがなかなか。簡単に溶かす方法

   

Pocket

えみなプレミアムはなかなかいいんだけど溶かすのがね

えみなという石鹸になるのか洗剤になるのかよくわからないのですが、洗濯するときにえみなを使っています。

 

台所用の洗剤ついても使っているんです。

えみなは油汚れなどもよく落ちるのでいいと思うのですが、一つ不満があるとしたら溶けにくいことでした。

粉をスポンジにつけて、水を付けてもなかなか溶けないんですよね。

使っておられる方は共感してもらえるかもしれないのですが、本当になかなか溶けません。

 

洗濯をするときにもえみなを粉のまま入れて洗うと白い粉の塊が残ってしまうんです。

それが衣類についてしまって、綺麗にならなかったんです。

特に黒い服では縞模様になってしまったりすることもありました。

 

それでしばらく使っていなかったんですが、溶かす方法が分かってからは気に入ってまた使うようになりました。

お湯でも溶けなかったんですが、時間を置くと溶けるようになりました。

えみなを溶かす方法

えみなを溶かすにはペットボトルなどの容器があると便利です。

僕は1リットルのペットボトルにえみなを溶かすようにしています。

溶かすのは簡単です。

えみなをペットボトルに入れる

えみなを溶かすにはえみなをペットボトルに入れます。

結構な量を入れています。洗濯石鹸のスプーン1杯くらいは入れています。

このくらいの量を入れると、台所用の洗剤として利用しても泡が立ちます。

 

余談になりますが、えみなは泡立たなくてもいいと書かれているんですが、食器とかでも油汚れのひどいものは泡立つくらいで洗わないと油汚れが落ちませんでした。

泡があるくらいで使用するとよく落ちます。

なので泡が立つくらいの量を使っています。

 

では本題に戻ります。

ペットボトルにえみなを入れたら、水を入れるだけです。

ペットボトル8分目くらいまで入れます。

そして、軽く振っておきます。

そうしたらあとは1日待ちます。

するとえみなが完全に溶けているんです。

 

つかって言える人はわかると思うのですが、本当に溶けにくいんですよね、えみなって。

時間をかけるとこんなに溶けるんだって思いました。

 

あとは洗濯をするときや台所で使うだけです。

台所で使うときには、プッシュ式のポンプを使うと使いやすいです。

スポンジにしませてグシュグシュとすると泡が立ってきます。

 

これで洗うと本当によく油汚れも落ちます。

洗濯で使うと

これくらいの量で洗濯に使うと陰干しをしても匂いが気になりません。

少ない量で陰干しをすると少し洗濯ものの生乾きの臭いもしていましたが、えみなの量を増やすと洗濯ものがにおわなくなりました。

つゆの時季の洗濯には嬉しいですよね。

 

えみなの量は少なくても汚れは落ちるのかもしれませんが、油汚れは少し多めの量で洗濯するとよく落ちます。

しかも柔軟剤がなくても、フワフワになるし、洗剤の臭いも気になることもありません。

ほぼ無臭です。

これもえみなの気に入っている部分でもあります。

「万能粉石鹸」えみな-premium-

さいごに

えみなという洗剤についてでした。

えみなは溶かすことが出きると本当によく落ちます。

手荒れもしないと書かれていますが台所用洗剤として使っていても少しも手が荒れることがありませんでした。

いつもは冬に洗い物などをすると手が切れるくらいでしたが、えみなを使っていると手が切れることもありませんでした。

 

洗濯に使っていても肌荒れを起こすこともありません。

えみなは安心して使えています。

さすがに入浴剤としては使ってはいませんが。

 

家じゅうの掃除がこれでできるので洗剤をいろいろ揃える必要がないので経済的でもあります。

えみなと重曹、クエン酸があれば家のほとんどのものが掃除できるようになります。

 

上手の溶かすことが出来るようになってから本当によく落ちる洗剤だと実感しました。

 - 良かったもの , , , ,