楽しい日常

レザークラフトに使う大理石 音対策にも!

   

Pocket

claft

レザークラフト 大理石 音対策にもなる

レザークラフトをするときに、必要な道具に大理石があります。

この大理石は何をするのかというと、ようするには作業台です。

大理石

作業台にする大理石ですが、磨いた面がないといけません。

質量があったほうがいいです。

音や振動を吸収してくれるからです。

磨いたステンレスの板でも使えそうです。

大理石の上で作業をする

レザークラフトでは、大理石の上にビニール板をひいて菱目打ちなどで穴をあけたりします。

その時に音がでます。

大理石は、なるべく大きいものの方が音、振動を吸収してくれます。

 

コバを磨いたりする作業をするときにも大理石の上が便利です。

角を磨くときには大理石の端の部分を使います。

レザークラフト音対策

レザークラフトをするとどうしても気になるのが音の対策です。

特にアパートなどでは、近所の人に迷惑をかけてしまうかもしれません。

その対策として僕がしているのは木槌ではなく、プラスティックハンマーを使っています。

ラウンドモールでも構わないと思うのですが、ラウンドモールの形を使うのが慣れないもので。

ハンマーの形の方が使いやすいです。

ベッセル プラスチックハンマー

プラスティックハンマーを使いだしてから音はあまり気にならなくなりました。

振動はやっぱりありますが。

レザークラフト 振動対策

振動を防ぐには、何をしているかというと、大理石の下に座布団をひいています。

ゴム板やスポンジのようなものなどいくつか試してみましたが、座布団が一番効果がありました。

あまり厚いものだと使いにくいので薄いものの方がおすすめです!

大理石の下にひくので捨てるようなものがあればそれを使うといいです。

まとめ

レザークラフトで使う大理石についてでした。

カービングをするときにはどうしても必要な道具です。

大理石の上で刻印を打ちます。

カービングでは革を濡らすので石の上がよかったんだと思います。

大理石は、御影石でも代用できます。

御影石の方が値段が安いです。

厚さも3センチくらいはあるものを選びましょう。

あまり薄すぎると割れてしまいますよ!

ホームセンターにも売っています。片面が磨かれているものを選びましょう!

大理石は作業台として使うので、一番必要な道具です。

大理石

 - レザークラフト , , ,