楽しい日常

自宅でおいしいコーヒーを淹れよう!

      2018/04/19

Pocket

おいしいコーヒー

コーヒーの香りでおちつくことがあります。

コーヒーは忙しい日常のなかでほっとする時間をくれます。

 

休日の朝、コーヒーを淹れてほっとした時間を過ごしています。

 

美味しいコーヒーを自宅でいれるのは難しいと感じるかもしれませんが、

ちょっとしたコツと道具で自宅でも美味しくコーヒーを淹れることが出来ますよ。

 

自分でいれると自分の好きな味のコーヒーを見つけることが出来ます。

 

少しの知識があればおいしいコーヒーをご自分でいれることができます。

 

そうすればそこは喫茶店。

 

自分の好きなコーヒーを見つけ、好きな淹れ方でいれるまでには

色々なコーヒーを試してみなくてはなりませんが

それもコーヒーの楽しみ方の一つだと思います。

 

ご自分の好きな一杯が見つかった時には至福の時間が訪れます。

コーヒーを淹れる準備

おいしいコーヒーを淹れるための準備です。

少し準備するものが必要になります。

一度揃えてしまえば、長く使えるものです。

高級なものもありますが、道具は普通の物でじゅうぶんだと思います。

 

準備するもの

・コーヒー豆(焙煎後、豆のままのもの)

・コーヒーミル

・コーヒー計量カップ

・ネルフィルター

・温度計

・ハカリ

・コーヒーサーバー

・コーヒーポット

 

準備するものは以上のようなものです。

コーヒーポットはやかんでも構いません。

コーヒー豆は出来るだけ焙煎したての物を用意します。

いくら高級豆でも焙煎してから時間がたちすぎていると

美味しいコーヒーは入れることが出来ません。

 

わたしは、コーヒー豆を購入するときに焙煎してもらいます。

その場で焙煎してくれるコーヒー豆屋さんが近くにあるとラッキーです。

いい豆が手に入るとラッキーです。

コーヒー豆の良さがコーヒーの味を左右します。

 

私はキューバ クリスタルマウンテンが好きです。

コーヒーを淹れます

・コーヒー豆を挽く

まずは、コーヒー豆をコーヒー計量カップではかり、コーヒーミルに入れコーヒーを挽きます。

ひき方は、中挽きくらいがおいしいと思います。

お好みで、コーヒー豆の量や挽き方をかえます。

豆の種類がかわるとコーヒー豆の分量や挽き方が変わります。

好みの挽き方、分量を見つけるのも楽しみの一つです。

 

・お湯を沸かします

お湯を一回沸騰させて、85℃くらいに冷まします。

このときに、温度計を使ってはかります。

好みはあると思いますが、85℃くらいが私は好みです。

 

温度が高いと苦みが強くなり、温度が低いとマイルドなコーヒーになります。

水についても軟水を使うとマイルドになります。

水もいろいろなものを試してみると面白いです。

個人的には軟水のマイルドなコーヒーが好きです。

 

・ネルフィルターを用意する

水に浸けておいて絞ったネルフィルターを用意して、その中に挽いたコーヒー豆をいれます。

ハカリの上にコーヒーサーバーを用意してハカリをゼロにセットします。

ネルフィルターをもって、お湯を注ぎます。

はじめは、コーヒー豆が湿るくらいコーヒーサーバーに数滴落ちるくらいです。

30秒ほど蒸らしてから、お湯を注ぎます。

お湯は中心に細く優しく注ぎます。

一杯分を100グラムとして計算しています。

一杯分だと50グラムほどはふぉそく注いで、あと50グラムは少し多めにお湯を注ぎます。

必要な分量が淹れれましたらコーヒーサーバーからネルフィルターを外してコーヒーカップに移すと完成です。

これで自宅でおいしいコーヒーがいただけます。

まとめ

自宅でおいしいコーヒーを淹れる方法でした。

コツとしましては、お湯が少し冷めたものを使うくらいです。

あとは、美味しいコーヒー豆さえ手に入れば自宅でも美味しいコーヒーができます。

近所でおいしいコーヒー豆が手に入ればラッキーです。

喫茶店に行ったときにコーヒー豆を譲ってもらって飲むとそこそこの喫茶店の特徴もわかります。

自分好みのコーヒーを探していろいろな豆を試してみると自分の好みもわかり、またさらにコーヒーの魅力的になります。

 

新鮮でおいしいコーヒー豆を購入することが一番です。

追記 1

最後まで読んでくださってありがとうございます!

ここまで読んでくださったあなたに少しだけコーヒーをおいしく淹れるコツをお教えしましょう。

 

それは、お湯を沸かす時に土瓶を使うことです。

 

マジかという声が聞こえてきそうですが、本当に違います。

もし、ご家庭に土鍋がありましたら試してみてください。

 

ただの鍋ではだめですよ。土鍋ですよ!

 

土鍋で沸かした水とやポットなどで沸かした水を飲み比べてみてください。

 

味が違うでしょ!

 

あとは、美味しい水さえ用意できればうまいコーヒーの出来上がり!

 

是非試してみて!

土瓶で沸かすうまい水

延命水とそばを求めて奥出雲へ

追記

最近では、自宅で珈琲豆を焙煎するようになりました。

ガスコンロがあると自宅でも簡単に珈琲豆を焙煎することが出来るんです。

上手に焙煎するのは経験が必要ですが、楽しみながら焙煎するにはいいものです。

 

少しの量から焙煎することが出来るので、自宅で焙煎したての珈琲豆のおいしさを味わうことが出来ます。

それに珈琲豆も生豆なら安価で購入することが出来ますしね。

珈琲豆の自家焙煎に挑戦!いるいるを使った焙煎時間とコツ

 - コーヒー, 良かったもの , ,