楽しい日常

おいしいコーヒー豆をコーヒー豆をおいしく保存する方法!

   

Pocket

oisiikohi

コーヒー豆をおいしく保存する方法

自宅でおいしいコーヒーを飲むためにコーヒー豆を買ってきて飲む前に挽いてネルドリップしてコーヒーを飲んでいます。

自宅でおいしいコーヒーを飲むためにはどうしても必要になるのがおいしいコーヒー豆です。

コーヒーを淹れるためのテクニックなどの大事なことですが、それ以上に大事なことはおいしいコーヒー豆を用意することではないかと思います。

せっかくおいしいコーヒー豆が用意できたとしても1度に飲むことはできないので保存の方法を考えなくてはなりません。

 

おいしいコーヒー豆をおいしく保存しておく方法です。

コーヒー豆は出来るだけ新鮮なものを用意する

コーヒー豆を買う時には焙煎したものを購入すると思います。

もしかしたら豆を焙煎するところからこだわっている人にはこの保存方法は必要ありません。

 

コーヒー豆は出来るだけ焙煎してから日にちが経過していないものを購入しましょう。

出来れば焙煎した日を教えてくれるコーヒー豆屋さんで購入するのがいいと思います。

 

焙煎してから3日くらい経過したものが馴染んでおいしく飲めるように思います。

新鮮なコーヒー豆はコーヒーを淹れるときに膨らんでいい香りがします!

 

いくらコーヒーの淹れ方がよくても焙煎されてから日にちが経過したものは高級なコーヒー豆でもおいしくありません。

焙煎してから時間のあまりたっていないものを探すようにしましょう。

コーヒー豆の保存

せっかく新鮮なコーヒー豆が手に入っても1度に飲み切ることはできませんから、保存方法を考えなくてはなりません。

コーヒー豆は1週間くらいで飲み切れるのであれば常温での保存出OKです。

2週間くらいで飲み切れるのであれば冷蔵庫で。

それ以上保存しておくようなら、冷凍庫で保存します。

1か月くらい保存するときでも冷凍庫で保存すれば香りの飛び方が違います。

 

あまり長期保存をしないようにします。

まとめ

コーヒー豆を保存する方法でした。

コーヒー豆は焙煎されるとそこ方は鮮度が落ちてしまうので、出来るだけ早めの飲み切れるようにしましょう。

 

焙煎した日にちがわかるコーヒー豆屋さんで、1週間で飲み切れるくらいの量を購入することをおすすめします。

こまめに買うと保存する方法は考えなくてもいいです。

やむを得ず保存する場合には、この方法を試してみてください。

僕はこの保存方法が一番いいと思いました。

 

コーヒー豆屋さんに行ったときに保存方法を聞いてみましたが、コーヒー豆屋さんによって意見が色々でした。

僕はコーヒー豆を注文してから焙煎してくれるコーヒー豆屋さんでコーヒー豆を購入しています。

これだと確実に新鮮なコーヒー豆ですからね!

焙煎士北浦 【厳選】 極上の珈琲 飲み比べセット A 高級 コーヒー豆 福袋 300g (中深煎り / 豆のまま)

 - コーヒー , , ,