楽しい日常

初めて部下を持った時に心がけること

      2016/11/26

Pocket

neko

初めて部下を持った時

初めて部下ができた時にはやる気になりましたね!

仕事をどのように進めるべきか考えました。

 

仕事でのやり方もある程度自分なりにすすめるようになります。

 

サラリーマンなので上司から仕事を頼まれるとその仕事をうまく遂行するために職場でのコミュニケーションが大事です。

部下に気持ちよく動いてもらうためには命令だけを下していたのでは、部下は動いてくれないのではないでしょうか。

気持ちよく部下に動いてもらうためには

やはり普段からのコミュニケーションではないでしょうか。

部下の仕事ができるかどうかよりもコミュニケーションがとれることを最優先にしています。

 

仕事はそのうちに覚えれると思うからです。

根気よく伝えることが大事

この言葉を書いていて自分でもまだまだ足りないなと感じてしまいます。

分からないのだから根気よく伝えようと思うのですが、なかなか思ったように伝わらないとイラっとしてしまいます。

このようなことでは上司として失格なのですが、ついついイラっとしてしまいます。

 

自分の上司からの圧力もありますからね!

期限までに仕事を遂行するためには仕事のスピードも重要ですね。

ですが、まだまだ仕事を覚えていない部下は仕事のスピードも遅いです。

 

上司からはせかされ、部下は仕事が遅いとなると自分も手伝いますがそれでも期限までにできない時にはイライラしてしまうことがあります。

いつでも落ち着いて行動をする

僕もまだまだできませんが、仕事でトラブルがあった時などでも落ち着いて行動をすることです。

このようなときの上司の行動を部下は見ているものですからね。

 

焦って行動しないで落ち着いて行動をするように心がけています。

相手の気持ちになって考える

部下の気持ちになって考えることが大事なことだと思います。

どうしても部下が増えてくると難しいこともありますが、出来るだけ相手の気持ちになって考えるようにしています。

 

相手の気持ちになって考えると気持ちは伝わるものです。

気持ちが伝わると仕事もスムーズに進むようになります。

参考にしている人

僕が参考にしているひとは、司令長官の山本五十六です。

この方の人を動かす力は凄いと思うのですが、山本五十六元帥も相手の気持ちになって考えていると思います。

 

連合艦隊司令長官 山本五十六 の映画を見ると人を動かすための参考になります。

まとめ

上司になると部下に対してやまた上司に対していろいろと思う事があると思いますが、自分の事だけでなく相手の事や会社の事を考えて行動をするようにするといいです。

自分の事だけを考えてしまうと部下とのコミュニケーションはとることが難しくなるかもしれません。

 

プライベートなときには仕事から離れるようにして、仕事のときには会社に得を挿せるようにと考えて行動をするようにするといいのではないでしょうか。

偉そうなことを言ってしまいましたが、まだまだ勉強中です。

聯合艦隊司令長官 山本五十六 ―太平洋戦争70年目の真実―

参考になる本

ロングセラーなので読んだことがある方も多いと思いますが、デール・カーネギーの人を動かすという本は人間関係を良好に保つために必読の本です。

この人を動かすという本の中には気もちよく人に動いてもらうためのエッセンスがたくさん詰め込まれています。

相手の事を考え、相手の気持ちになることでお互いに理解し合うことができるというものです。

 

伝えるという事はなかなか難しいことです。

こちら側からはきちんと伝えているつもりでも相手には伝わっていないことも多いです。

伝わらないことから人間関係に溝が入ることもあります。

 

一度人間関係に溝が入ってしまうと修復は困難になります。

そうならないためにも人間関係を良好に保つことが重要なことです。

 

特に上司は人間関係が大事だと思います。

困った時に助けてもらえるのはそれまでの人間関係が構築されているからです。

 

部下は自分の生活もありますから上司の命令には嫌嫌でも従います。

サラリーマンだと会社の決定事項には従わないといけません。

 

決定事項が納得のいかないことでも上司は部下にお願いしないといけません。

 

部下に喜んで動いてもらうためには人間関係の構築が重要です。

人を動かすには、喜んで動いてもらうためのエッセンスがたくさん詰まっています。

一度読んでみるといい本です。

人を動かす

 - 良かったもの , , ,