楽しい日常

そんな方法があったのか!100円のコーラを1000円で売る方法を読んで

   

Pocket

100円のコーラを1000円で売る方法を読んでの感想

本のタイトルからそんな方法があるのかなと心をくすぐられる本でした。

実はこの本前々から気になっていたのですが、手に取るだけで買うまでには至っていませんでした。

どうしても気になり100円のコーラを1000円で売る方法を買いに行って読みました。

 

どんな方法なんだろうと期待を膨らませて読みました。

100円のコーラを1000円で売る方法の内容は

単なるノウハウだけを書かれているのではなく、小説のように書かれています。

登場人物も多くないので覚えやすいです。

物語が進んでいく中で登場人物がマーケティングを学んでいきます。

 

マーケティングの事はド素人なのですが、100円のコーラを1000円で売る方法は、こんな素人の僕にもわかりやすい内容でした。

内容が濃いすぎて一回読んだだけでは、覚えきれない内容でした。

 

主人公は女性です。

トップセールスの主人公が、商品開発を学んでいく物語です。

値引きしないで顧客を獲得する方法もありました。

ついつい、お客さんの求めるものを提案するだけになってしまいがちです。

値引きの要求にもこたえざるを得ないと考えていました。

 

がしかし、値引きなしで顧客の要望も100パーセント答えるわけでもなく、顧客を獲得する方法というのがあったんですね。

 

100円のコーラを1000円で売る方法を読むまでこんな方法があるなんて思ってもみませんでした。

マーケティング関係者だけではもったいない

100円のコーラを1000円で売る方法はマーケティングの関係者はもちろんですが(関係者はこれくらいの事は当たり前に知っているかもしれませんが)、マーケティングの関係者だけでなく人と接する仕事をしている方は一読をおすすめします。

人間関係も良好になるでしょう

100円のコーラを1000円で売る方法の内容を理解して、日常生活でも実践していくと人間関係も良好になると思いますよ。

自分にとって本当に必要なものを提案してくれる人は信頼できるのではないでしょうか。

セールスをする人が自分の利益の事ばかりを考えて出された提案は受けにくいですもんね。

相手の要望の応えるだけでなく、必要なものを提案するという事です。

物語の内容が面白いので一気に読みました

面白く一気に読んでしまいました。

押しの強い主人公が自分のやり方が間違っていることに気が付き、戦略を練って徐々に育っていく姿がよかったです。

まとめ

ビジネス書ですが、物語なので読みやすい本でした。

さて肝心の100円のコーラを1000円で売る方法ですが、本の中に書かれていました。

 

なるほどなと思いましたが、勘のいい人ならもうわかっているかもしれませんね。

ぼくは、なるほどなと感心させられました。

 

マーケティング関係者でなくても読んでみてもらいたい本です。

活字が苦手という方には漫画の100円のコーラを1000円で売る方法も販売されていますから。

100円のコーラを1000円で売る方法

コミック版 100円のコーラを1000円で売る方法

 - 思ったこと, 良かった本 , , , , , , ,